キャンプギア テント

ソロキャンプにおすすめのテント11選!選び方の基本、ブランド別一押しモデルを紹介

更新日:

ソロキャンプ用テントおすすめ、選び方

 

  • ソロキャンプを始めたいからテントが欲しい!
  • ソロキャンプ用のテントの選び方を知りたい!
  • ソロキャンプにおすすめのテントを知りたい!

 

こんちには!アウトドアショップ開業に向け勉強中、ソロキャンパーの洋平です!

ソロキャンプが注目を浴びていますね、ソロキャンパーとしては嬉しい限りです。

新しい何かを始める時にまず道具の購入からスタートすると思いますが、キャンプ道具って奥が深い。調べだすと色々出てくる出てくる。僕も初めてキャンプ道具を買う時はどれを買えばいいかよくわからず、あまり吟味しないで適当に選んで失敗したっけなあ~

特にテント!

今でこそ色々調べて耐水圧だとかシングルウォールだとかの意味が分かったんですが、初めて買った時はとにかく安いものを選んでしまいました。

テント泊中の夜中に大雨に降られて中まで水が漏れだしてしまって難儀したのもいい思い出です。

とはいえ、これからソロキャンプを始める方はそんな思いしたくありませんよね?

そこでこの記事ではこれからソロキャンプを始めたい方に向けて、テント選びの基本、おすすめ出来る一人用テントをご紹介します。

最後まで読んでいただければソロキャンプデビューに必要なテントの知識がざっくり把握いただけると思います。

それではどうぞ!

 

僕が実際に使用しているテント「アライテント トレックライズ1」についての記事はこちら

トレックライズ1購入レビュー!使い方や使い心地を解説します!

 

 

ソロキャンプ用テント選びのポイントは5つ

ソロキャンプ用テント

初めてのテント選び、何を基準にすればいいか分からないですよね。

ソロキャンプで使用するためのテント選びにおいて押さえておきたいポイントは以下の5つです。

 

ソロキャンプ用テント選びのポイント

  1. 重さは移動手段に合わせる
  2. サイズは最低限か余裕を持つか
  3. 連泊や登山するなら耐水圧高め
  4. シングルウォール、ダブルウォール
  5. 初めてなら設営が簡単なものを

 

ちょっとの差で影響有り、テントの重量

ソロキャンプ用テントの重さについて

ソロキャンプにおいてテントの重量は重要なポイントです。

どれくらいの重さのテントを選べばいいかは、ソロキャンプのスタイルによって異なります。

 

  • 電車やバス、徒歩で移動・・・1.5kg以下
  • ツーリングキャンプ・・・2.5kg以下
  • オートキャンプ・・・4.5kg以下

 

車を使用するオートキャンプの場合でも、テントは軽いものを用意したいですね。

テントサイトまで車で荷物を運搬できるとは限りませんから、重いテントを持って行ってしまうと苦労することもあります。

 

軽いソロキャンプ用のテントと言えばこちらの「ニーモ タニ1P」がおすすめ。本体重量がなんと1.06kgとかなりの軽さ。他のテントと比べてもかなり軽いです。

ニーモ タニ1P|日本の気候に適応した超軽量テント

ニーモ_タニ1P_08
ニーモ タニ1P|日本の気候に適応した超軽量テント

画像引用元:NEMO Equipment   アメリカのアウトドアギアメーカー、ニーモ。創 ...

続きを見る

 

しかし、ただ軽ければいいというわけでもありません。

軽いテントは生地やポールに高品質な材料を使用することにより、丈夫さと軽さを両立しています。そのためどうしても価格が高価になりがち。これからソロキャンプを始める方が、いきなり5万円くらいする本格登山用テントを購入するのもハードルが高いと思います。

車やバイクが使えるのであれば、ほどほどの重さの初心者用テントを購入するのもいいと思います。

 

また、軽いテントは雨風に弱いという面もあります。軽くするためには生地を薄くしなければいけません。その分耐水圧が下がってしまったり、テントそのものが軽いため風に飛ばされやすくなるという面もあります。

経験豊富なキャンパーであれば、風向きを予測したり雨風が弱い場所を選んでそういった事態を回避するものですが、はじめのうちはそうそう上手くいきません。

そういった意味でも、初心者に人気の「コールマン ツーリングドームST」のような手頃で扱いやすいテントが、最初のうちはおすすめと言えます。

コールマン ツーリングドームST|初心者が購入すべき3つの理由とオススメの使い方

ツーリングドームST
コールマン ツーリングドームST|初心者が購入すべき3つの理由とオススメの使い方

  こんにちは!アウトドアショップ開業に向けて勉強中、ソロキャンパーの洋平( Y.S18 ...

続きを見る

 

最低限の大きさを選ぶか、余裕を持たせるか

ソロキャンプにおすすめのテント

重さとも関連していますが、大きさもテント選びの大切なポイントとして挙げられます。

 

テント選びにおける大きさとは、「設営時の面積」と「収納時のサイズ」の二つの側面があります。それぞれ大きさによる違いがありますのでチェックしておきましょう。

 

設営時の面積が広いテントのメリットは以下の通りです。

  • 複数人で使用できる
  • ゆったり快適に過ごせる
  • 荷物を中にしまうことが出来る⇒雨、汚れ、盗難から守る

デメリットもあります。

  • 広いテントサイトでないと設営出来ない
  • 混雑時に他人の邪魔になる
  • 設営が難しくなる
  • 収納時のサイズも大きくなりがち

たとえば行きたいキャンプが決まっていて、混雑していない時にいくのであれば広いテントだと快適に過ごせそうですよね。完全予約型のテントサイトでも、決まったスペースが割り振られているので問題ないと思います。

逆に色んなキャンプ場に行ってみたい、登山もしてテント泊にも挑戦したいとなると、大きいテントだと不利な場合があります。

画像引用元:ヤマメシ

このように人気のあるテン場はシーズンともなれば大混雑です。二人で訪れて二人用テントを使用する分には構いませんが、一人で2~3人用のテントを使用しているとなると、ちょっと肩身が狭い思いをしてしまいそうですよね。

 

逆に設営時の面積が小さいテントのメリット・デメリットを見てみましょう。

メリットとしては、

  • 狭いスペースでも設営出来る
  • 設営が比較的簡単
  • 軽く、収納サイズも小さい

デメリットは

  • 中が狭いため窮屈
  • 荷物が入りきらない時がある
  • 1人でしか使用できない

といったところでしょうか。登山用テントなどは面積が小さくギリギリのサイズで作ってあるため、狭い場所でも設営することが出来ます。もちろんその分中は窮屈め。

ただ中にはMSRのエリクサーのように構造を工夫することにより設置面積を小さくしつつ、中のスペースを広くしているテントもあります。

MSR エリクサー2 口コミと特長を購入前にチェック!

MSRエリクサー2_01
MSR エリクサー2 口コミと特長を購入前にチェック!

こんにちは!アウトドアショップ開業に向け勉強中の洋平です。 みなさんはこちらのテントを見たことがあり ...

続きを見る

 

メモ

ゆったり過ごしたいなら広めのテント、狭い場所でもキャンプしたいならコンパクトなテントを選ぶ!

 

収納時のサイズは小さい方がいいのか?

もう一点、大切なことは収納時のサイズ。

車で移動する方はあまり気にする必要ないと思います。収納時のサイズが多少大きかろうが、車に積めないということはないでしょうから。

 

しかし、自転車、バイク、徒歩で移動するならかなり重要なポイントになります。

 

例えば、すでに紹介したコールマンのツーリングドームSTについて。こちらの収納時サイズは約φ23×54cmとなっています。

ツーリングドームST

芸人のヒロシさんもツーリングドームSTを愛用しているようですが、収納時の様子がこちら。結構大きいですよね。「ツーリングドーム」という名称ですが、大きめのバイクじゃないと積載すら難しいのではないでしょうか。まして自転車、徒歩での移動がメインの方はまず持ち運びには不向きだと思います。

僕は主に徒歩や電車での移動がメインなので、収納時のサイズが小さい「アライテント トレックライズ1」を使用しています。

トレックライズ1

収納時のサイズはφ14×30cm。ツーリングドームに比べ一回り以上小さい印象。愛用しているバックバック「カリマークーガー45-60」にもすっぽり収まるため移動時も楽です。

おすすめソロキャンプ道具

【おすすめソロキャンプ道具】僕が実際に使用している道具を紹介!

おすすめソロキャンプ道具
【おすすめソロキャンプ道具】僕が実際に使用している道具を紹介!

  ソロキャンプに持っていく道具って沢山ありますよね。 初心者のうちは何を持っていけばいい ...

続きを見る

 

テントの収納時サイズはかなり重要な要素です。移動手段に合わせてしっかり検討しましょう。

 

 

耐水圧|雨にどれだけ耐えられるか?

耐水圧は大切

耐水圧とは、どれだけの水に耐えられるかという数値です。

1cm四方の柱に水をどれだけの高さまでの水に耐えることが出来るかという具合に計算されています。1cm四方の柱に水を20m分入れても耐えることが出来れば、耐水圧は200,000mmということになります。

 

耐水圧の目安

  • 小雨・・・300mm
  • 中雨・・・2,000mm
  • 大雨・・・10,000mm
  • 嵐・・・20,000mm

 

ソロキャンプ用テントに求められる耐水圧は1,500mmとされていますので、購入時は耐水圧が1,500mmをひとつの基準とします。もしそれ以上の雨が見込まれる場合はキャンプ自体を中止した方が賢明です。

ポイント

ソロキャンプ用テントに求められる耐水圧は1,500mm!

耐水圧にこだわりを見せているのがスノーピークのテント。スノーピークでは耐水圧の表示について下記のようにアナウンスしています。

スノーピークのテント、タープの耐水圧表記には、“ミニマム”という単語がついています。たとえば、アメニティドームの生地の耐水圧は「1,800mmミニマム」です。「平均値が1,800mm」なのではなく、「どこを計測しても最低1,800mmミニマム」なのがスノーピーク独自の表記です。市販されている製品の耐水圧の表記方法は、ほとんどが生地上の計測の平均値なのです。当然表記の数値より低い値の箇所も存在します。スノーピークのミニマムは、生地上のどこの1点を計測しても耐水圧の最低の数値が1,800mmを保証するスペックです。

スノーピーク アメニティドームM

スノーピークから2018年12月に発売された一人用テント「ヘキサイーズ1」のフライシートの耐水圧は3,000mmミニマム。かなり強力な防水性を備えています。

参考:スノーピーク ヘキサイーズ1|特徴や購入者レビューを紹介

 

シングルウォール OR ダブルウォール

テントの構造は、布が一枚で出来ているシングルウォール、二重になっているダブルウォールに分けることが出来ます。

シングルウォール

  • 設営が簡単
  • 軽量
  • 結露に弱く蒸れやすい

ダブルウォール

  • 雨風、結露に強い
  • 内部の温度を一定に保つ
  • シングルに比べ重く嵩張る
  • 設営にコツがいる

シングルウォールは日帰りレジャー用の簡易テント、もしくは超軽量を主とした本格山岳テントといった用途に適しています。

プロモンテの超軽量シングルウォールテント VB-10

プロモンテの超軽量シングルウォールテント VB-10

ソロキャンプに使用するなら、まずはダブルウォールがおすすめです。もし登山にも挑戦したいという気持ちがあったとしても、まずはダブルウォールテントから始めましょう。シングルウォールテントを山で使うには豊富な経験や知識が必要です。

ポイント

ソロキャンプにはダブルウォールテントを選ぼう

 

設営の難易度は構造による

テント設営の難易度はテントの構造によります。テントの構造は主に4種類。

テントの構造の種類

  • ジオデシック構造
  • クロスフレーム型(X型)←簡単
  • A型(H型)
  • 魚座型

一番設営が簡単なのがクロスフレーム型。2本のポールを交差させるだけの単純な構造。

アライテント

アライテントのエアライズシリーズ。強度があり風に強く、そして設営しやすい。

画像引用元:好日山荘

アライテントのエアライズはさらに簡単に設営できるようスリーブに工夫があります。

アライテント-エアライズ_03

スリーブが切れ目なく対角線を結んでいるため、一度差し込んだらあとはすっと押し込んでいくだけで組み立て出来てしまうんですね。

設営のとき、フレームの行く先を気にしなくてもスピーディーにフレームをセットできる切れ目のないフレームスリーブ。

アライテント エアライズ

ポイント

設営が簡単なのはシンプルなクロスフレーム型、X型!

 

ソロキャンプ初心者におすすめテント11選

 

ここからはソロキャンプ初心者におすすめなテントをご紹介します。上記のポイントを押さえたうえで自分の理想とするスタイルに最も近いテントをチョイスしましょう!

 

管理人使用中:アライテント トレックライズ1

アライテント-トレックライズ01

国産テントの老舗メーカー、アライテント。解放感のある広い出入口、生地の改良で実現した超軽量性などハイレベルな一張。いいテントを長く使いたい、そんな方におすすめです。

 

 

僕が実際に使用しているのもトレックライズ1です。軽量、コンパクトで設営簡単。ソロキャンパーにはぜひおすすめしたいテントです!

トレックライズ1

トレックライズ1購入レビュー!使い方や使い心地を解説します!

トレックライズ1
トレックライズ1をレビュー!軽量&コンパクトな一人用万能テント

  国産高品質テントメーカーとして知られるアライテント。アライテントが展開するブランド「ラ ...

続きを見る

 

 

コールマン Coleman ツーリングドームST

コールマンツーリングドーム

ソロキャンプ用テントの定番がコールマンのツーリングドームST。初心者にオススメするとしたらこちら。前室が高いため出入りが簡単。耐水圧も1,500mmとばっちり。ただ重量が4.4kgと割と重め。オートキャンプ向き。

コールマンのツーリングドームSTについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

コールマン ツーリングドームST|初心者が購入すべき3つの理由とオススメの使い方

ツーリングドームST
コールマン ツーリングドームST|初心者が購入すべき3つの理由とオススメの使い方

  こんにちは!アウトドアショップ開業に向けて勉強中、ソロキャンパーの洋平( Y.S18 ...

続きを見る

スノーピーク ヘキサイーズ1

スノーピーク_ヘキサイーズ1_7

タープと一体化した構造が特徴のスノーピーク「ヘキサイーズ1」。広々とした前室によりゆったりと贅沢な一人の時間を過ごすことが出来ます。

 

ヘキサイーズ1については「スノーピーク ヘキサイーズ1|特徴や購入者レビューを紹介」でより詳しく解説しているのでご覧ください。

スノーピーク_ヘキサイーズ1
スノーピーク ヘキサイーズ1で前室広々、余裕のソロキャンプ!|特徴や購入者レビューを紹介!

アイキャッチ画像引用元:スノーピーク こんにちは!アウトドアショップ開業に向けて勉強中、ソロキャンパ ...

続きを見る

スノーピーク ファルPro.air2

スノーピーク ファル2Pro.air

画像引用元:スノーピーク

クロスフレーム型、ダブルウォール、軽量かつ居住性も確保とかなりハイレベルなソロキャンプ用テント。見た目もシックでおしゃれです。

 

アライテント エアライズ

アライテント-エアライズ_01アライテントのソロキャンプ用テント、エアライズ。トレックライズに比べ本格登山向き。販売から30年以上使用している猛者がいるほど愛されつつ大切にされているテント。

 

エアライズについては「アライテント エアライズ|特徴や口コミを紹介!職人が作るテントの魅力とは?」でより詳しく解説しているのでご覧ください。

ファイントラック カミナドーム

カミナドーム04

4シーズンの登山に対応した本格山岳用テント。日本のメーカー「ファイントラック」が製造しています。「なにひとつあきらめないテント」と言われるほど全ての面において妥協せず作られた高品質なテントです。

 

カミナドーム|耐久性と軽量を高次元で両立する国産テント

カミナドーム04
カミナドーム|耐久性と軽量を高次元で両立する国産テント

  この記事では、ファイントラックが製造・販売しているテント、カミナドームの特長や注意点に ...

続きを見る

モンベル ムーンライトテント1型

モンベル_ムーンライトテント1型_05

モンベルが発売しているソロ用テント。月明りの下でも出来るくらい設営が簡単ということで「ムーンライトテント」という名前に。防水性、通気性にも優れ湿気や雨の時期でも使える心強いテント。

 

 

ムーンライトテント1型はこちらの「モンベル ムーンライトテント1型|設営が簡単、連泊にもオススメ」でも詳しく解説しています。

モンベル_ムーンライトテント1型_05
モンベル ムーンライトテント1型|設営が簡単、連泊にもオススメ

この記事ではモンベルのソロキャンプ用テント、「ムーンライトテント1型」について解説しています。 ソロ ...

続きを見る

MSR エムエスアール エリクサー2

MSRエリクサー2_01

ホワイト×レッドのバイカラーが目を引くMSRのエリクサー2。特長的なフレーム構造で内部は広々として快適。ルックスも中身も素晴らしいイケメンテント。

 

MSR エリクサー2についてはこちらのMSR エリクサー2 口コミと特長を購入前にチェック!でも詳しく解説しています。

MSRエリクサー2_01
MSR エリクサー2 口コミと特長を購入前にチェック!

こんにちは!アウトドアショップ開業に向け勉強中の洋平です。 みなさんはこちらのテントを見たことがあり ...

続きを見る

BUNDOK(バンドック) ツーリングテント

バンドック ツーリングテント

コスパが良いことで評判のバンドックのソロキャンプ用テント。無駄がなくシンプルなデザインがかえって使いやすい。手頃な価格も魅力。

 

 

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) マイカ FL 2

ノースフェイス マイカFL2

アウトドアウェアが大人気のノースフェイスからもソロキャンプ用テントが発売されています。マイカFL2は軽量で通気性の高い3シーズン用のダブルウォールテント。見た目よりも中は広い。野外フェスなどにも最適。

 

耐久性に優れたソロキャンプ用テント

■ダンロップ ツーリングテント

ダンロップ_ツーリングテント_01

タイヤで有名なダンロップからもテントが発売されています。それがこちらのダンロップ ツーリングテント。大きく開いた前室とほぼ全開に出来る入り口で快適な居住性を提供。DHC社のポール、ポリウレタン防水加工を施したインナーテントなど長年使えるテント作りを目指すダンロップらしい一張りです。

 

ダンロップ ツーリングテントについてこちらのダンロップ ツーリングテントの特徴やVS10との違いについて解説でも詳しく解説しています。

トレックライズ1
トレックライズ1をレビュー!軽量&コンパクトな一人用万能テント

  国産高品質テントメーカーとして知られるアライテント。アライテントが展開するブランド「ラ ...

続きを見る

 

日本の気候のためにデザインされたテント

■ニーモ タニ1P

ニーモ_タニ1P_08

アメリカ生まれのアウトドアギアメーカー、ニーモが日本の山岳シーンのためにデザインしたのが「タニ」。ベンチレーション、メッシュ、ベントストラットなど換気を促し通気性を向上させる工夫が沢山施されています。約1.06kgととても軽いのも魅力。独特なルックスも人気の理由。

 

ニーモ タニ1Pについてはこちらのニーモ タニ1P|日本の気候に適応した超軽量テントでも詳しく解説しています。

ニーモ_タニ1P_08
ニーモ タニ1P|日本の気候に適応した超軽量テント

画像引用元:NEMO Equipment   アメリカのアウトドアギアメーカー、ニーモ。創 ...

続きを見る

 

ソロキャンプにおすすめのテントをゲット!

テントは泊りのキャンプでは必需品ですから、しっかり選んで自分に一番合ったものを選びたいですよね。上記でご紹介したポイントを押さえれば、自分のスタイルにマッチしたテントを選べると思います。もしくはまずはレンタルしたり格安テントで試してみて自分の好みややりたいことを把握したうえで、ワンランク上のテントを購入するのもありですね。

テント選びのポイントをおさらいすると、

  1. 重量
  2. サイズ
  3. 耐水圧
  4. シングルウォール、ダブルウォール
  5. 設営のしやすさ

でしたね!自分に一番あったテントを選ぶためには上記のことを理解することが大切です。しかし、もっと大切なことは「自分が何をしたいか、何が好きか」ということ。

僕の場合で言えば、キャンプも好きだけど自然の中に入って行って絶景写真を撮りたいという気持ちが強い。そのためにはカメラ機材も持ち歩くし、車がないので沢山歩かなくてはいけない。なので、軽くてコンパクトなテントが必要になる、と言った具合で選んでいます。

みなさんも自分のキャンプスタイルを見極めたうえで、お気に入りのテントをゲットしてくださいね!

 

ソロキャンプやテントに関する他の記事はこちら

コールマン ツーリングドームST|初心者が購入すべき3つの理由とオススメの使い方

ツーリングドームST
コールマン ツーリングドームST|初心者が購入すべき3つの理由とオススメの使い方

  こんにちは!アウトドアショップ開業に向けて勉強中、ソロキャンパーの洋平( Y.S18 ...

続きを見る

スノーピーク ヘキサイーズ1|特徴や購入者レビューを紹介

スノーピーク_ヘキサイーズ1
スノーピーク ヘキサイーズ1で前室広々、余裕のソロキャンプ!|特徴や購入者レビューを紹介!

アイキャッチ画像引用元:スノーピーク こんにちは!アウトドアショップ開業に向けて勉強中、ソロキャンパ ...

続きを見る

モンベル ムーンライトテント1型|設営が簡単、連泊にもオススメ

モンベル_ムーンライトテント1型_05
モンベル ムーンライトテント1型|設営が簡単、連泊にもオススメ

この記事ではモンベルのソロキャンプ用テント、「ムーンライトテント1型」について解説しています。 ソロ ...

続きを見る

ダンロップ ツーリングテントの特徴やVS10との違いについて解説

ダンロップ_ツーリングテント_01
ダンロップ ツーリングテントの特徴やVS10との違いについて解説

ダンロップと言えば有名なタイヤのブランドですが、実はテントの製造、販売も行っています。実際にダンロッ ...

続きを見る

ソロキャンプ用のシュラフを選ぶ|保温力と軽さに優れたオススメシュラフを紹介

ソロキャンプ用のシュラフを選ぶ|保温力と軽さに優れたオススメシュラフを紹介

  こんにちは!アウトドアショップ開業に向け勉強中の洋平です。   ソロキャンプ ...

続きを見る

記事下広告

-キャンプギア, テント
-, , , , ,

Copyright© カメラとキャンプ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.