キャンプギア テント

モンベル ムーンライトテント1型|設営は簡単?レビュー、注意点をチェック!

更新日:

モンベル ムーンライトテント1
モンベルのムーンライトテントが気になる!どんな人におすすめなのかな?ムーンライトテントとステラリッジテントの違いってなに?

この記事ではモンベルのソロキャンプ用テント、「ムーンライトテント1型」について解説しています。

本記事の内容

  • モンベル ムーンライトテントの特長
  • ステラリッジテントとの違い
  • 購入する前に知っておきたい注意点

 

モンベルのムーンライトテント1型は設営の簡単さを追求した、一人用テントです。

こんな方におすすめ

  • ソロキャンプ用のテントが欲しい
  • 設営はとにかく簡単に済ませたい
  • 移動は車かバイク

モンベルから発売されている「ステラリッジテント」と比べると重いため登山には不向きですが、ツーリングキャンプやオートキャンプではとにかく簡単に設営できるため重宝します。

 

それでは、モンベル ムーンライトテント1型について詳しく見ていきましょう。

モンベル_ムーンライトテント1型

 

 

モンベル ムーンライトテント1型はソロキャンプに最適

焚き火

モンベルのムーンライトテント1型は、一人きりで行うソロキャンプでの使用が最も適した使い方です。

 

その理由は以下の通り。

  • 設営がすごく簡単
  • 優れた防水性、通気性
  • 10年単位で使える耐久力

とくに注目したいのが設営の簡単さ。それを表しているのが商品名。

「ムーンライトテント」のムーンライトとはもちろん月の明かりのことですが、そこに込められた意味は「月明りの下でも出来るくらい簡単に組み立てられる」だそうです。

組み立てが簡単であれば連泊時の負担も軽くなりますよね。

設営が簡単

モンベルのムーンライト1型の設営はとても簡単に行うことが出来ます。

ムーンライトテントに共通している構造が、A型形状のフレームです。独特の形状によりフレームが自立し、本体を吊り下げるだけで設営することが可能になりました。

モンベル_ムーンライトテント1型_02

画像引用元:モンベルオンラインショップ

このテントは2回ツーリングで使いましたが、ウワサに聞いていた以上の設営の簡単さで、特にポールが勝手に組たれられていって自立していく様子を見た時は感動でしばらくぽかーんとしてました。簡単な設営で有名なテントであることは知っていましたが、その期待をはるかに超える簡単さは間違いないでしょう。
Amazon 購入者レビュー

ムーンライトテントは防水性、通気性がよく快適に過ごせる

テント選びの際に防水性と通気性は非常に重要な要素になります。

ムーンライトテントに使用されているナイロン生地は通気撥水加工、難燃加工が施されています。高温多湿と言われる日本の気候での使用にピッタリですね。

ムーンライトテントの耐水圧は、フロアが2,000mm、フライシートが1,500mmとなっています。テントの耐水圧は1,500mm以上が望ましいとされていますので、十分な耐水圧を備えていると言えます。

モンベル_ムーンライトテント1型_03

画像引用元:モンベルオンラインショップ

とにかく設営が簡単ですし、一緒に行った友人のテントが結露しても自分のテントは結露なし!そこら辺はさすがモンベル、性能も申し分ないですね!
Amazon 購入者レビュー

10年単位で使える耐久力

ムーンライトテントを製造・販売しているモンベルは日本生まれのアウトドアメーカー。品質が高く、アフターフォローにも定評があります。

ムーンライトテントに施された耐久力をアップさせるポイントは二つ。

  • 超々ジュラルミン製のポール
  • 難燃加工された生地

安いテントのポールにはFRPという素材が使われますが、ムーンライトテントのポールは超々ジュラルミンという、引っ張る力に強い、耐久力のある素材が使用されています。

生地には難燃加工が施されています。焚き火やバーナーのそばで使用していると火花や爆ぜた木が当たることもありますが、難燃加工が施されているためダメージを最小限に抑えてくれます。

一番読まれているレビューに30年使用と書いてありました。私のも、ほぼ同じくらい使用しており、現役続行中^^

とにかく驚異的な耐久性です。30年近く使用しているのに、まだ使用できます。
Amazon 購入者レビュー

ムーンライトテント1型とステラリッジテントの違いとは?

モンベルから発売されている一人用テントには、ムーンライトテント1型のほかにステラリッジテント1型があります。なにが違うのでしょうか?
ステラリッジテントは本格登山でも使用できる高品質テントと言えます。

ステラリッジテントの方がムーンライトテントに比べ、より軽く、より小さく、より高価です。

設営の簡単さではムーンライトテントの方が簡単ではありますが、ステラリッジもかなり簡単に組み立てることが出来ます。

これはどちらが優れているとかではなく、どちらがより自分のスタイルに適しているか、ということで選ぶべきでしょう。テント泊を含む登山に挑戦したいのであればステラリッジテントを、比較的安価かつしっかりしたいソロキャンプ用テントが欲しいのであればムーンライトテントを、というように、自分の希望により近い方をチョイスしましょう。

モンベル_ムーンライトテント1型

 

 

ムーンライトテント1型 ここは注意してほしい

ムーンライトテント1型はとても優れた一人用テントですが、いくつか注意したい点もあります。

  • 軽さや収納時の小ささに特化しているわけではない
  • 狭い。大柄な人は窮屈に感じる

ムーンライトテントの重量は2.3kgと、決してとても軽い、と言えるほどではありません。バイクや自転車であれば問題ないですが、バックパッキングでの使用ではやや重い方に入るでしょう。

さが2キロ弱と重いのも欠点でしょうか。
しかし、このテントが世に出た30年ほど前は驚異的な軽さが売りだったのです。
現在では、一人用テントのさは、新素材の登場もあって、1.5キロ程度になってます。隔世の感がありますな。
Amazon 購入者レビュー

ムーンライトテント1型のサイズを見てみましょう。

モンベル_ムーンライトテント1型_04

接地面幅110cm 奥行き220cmとギリギリのサイズであることが分かります。使用人数としては1~2人と記載されていますが、夫婦や親子ならともかく友人同士だとかなり窮屈な思いをしそうです。

しかし、その反面身長167cmしかない私でも入り口は狭く、出入りしづらく、胡坐をかくと天井に頭がつくようなさです。
Amazon 購入者レビュー

 

モンベル ムーンライトテント1型はソロキャンプでの使用がベスト

モンベル ムーンライトテント1型について解説してきました。

  • 一人で行うソロキャンプ用のテント
  • バイク、自転車のツーリングキャンプ用テント
  • 梅雨や夏場の湿気が高い時期の使用

以上のような状況ではかなり心強い存在になってくれる、それがモンベルのツーリングテント1型です。

価格を見てもテントの中では決して高価な方ではないので、日本製の高品質なテントが適正価格で買えることを考えればコストパフォーマンスは高いと言えます。

ソロキャンプデビューをしたい初心者の方だけでなく、買い替えを検討している方にもオススメ出来る優れたテントだといえるでしょう。

 

モンベル_ムーンライトテント1型

 

ソロキャンプ用テント関連記事はこちら

初心者向けソロキャンプ用テントはずばりコレ
コールマン ツーリングドームST|初心者が購入すべき3つの理由とオススメの使い方

ツーリングドームst
コールマン ツーリングドームST|初心者が購入すべき3つの理由とオススメの使い方

  この記事ではこんな疑問にお答えしています。   本記事の内容 コールマンツー ...

続きを見る

ゆったり広々、贅沢なソロキャンプならコレ
スノーピーク ヘキサイーズ1|特徴や購入者レビューを紹介

スノーピーク_ヘキサイーズ1_アイキャッチ
スノーピーク ヘキサイーズ1|特徴やレビューを紹介!

アイキャッチ画像引用元:スノーピーク この記事ではそんな方に向けて、スノーピークの一人用テント「ヘキ ...

続きを見る

ソロキャンプにおすすめなテントをまとめて紹介!
ソロキャンプ用テント8選!テントの基本、選び方、おすすめモデルを紹介

アライテント トレックライズ|特徴や口コミ、エアライズとの違いを紹介!

アライテント-トレックライズ01
トレックライズについて解説!エアライズや他ブランドとの違いとは?

    この記事ではアライテントが製造・販売しているトレックライズについて、特徴 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-キャンプギア, テント
-, , ,

Copyright© カメラとキャンプ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.