ソロキャンプ日記 北海道

北海道ソロキャンプの旅|富良野山部自然公園

更新日:

ファーム富田のラベンダー畑

北海道ソロキャンプ洞爺湖来夢人(きむんど)の家

 

この記事では北海道でソロキャンプをしてみたいという方に向けて、僕が実際に利用したキャンプ場や立ち寄った温泉、観光スポットなどについて紹介しています。

 

北海道でのソロキャンプは僕にとっては一生ものの思い出になりました。
美しい北海道の景色がいまでもはっきりと心に残っています。

2018年7月31日、僕は生まれて初めて北海道へ行きました。
目的は北海道でソロキャンプデビューを果たすこと。
ずっとやりたいと思っていたソロキャンプにやっと挑戦することが出来ました。
それも北海道で!

この記事を書いているのはちょうど一年後ですが、今でも北海道でソロキャンプをした楽しさ、わくわく感をはっきりと覚えています。
あの感覚をもっと若い時に体験しておけば良かった、なんて思ったりもします。
とはいえまだ30歳ですが。

北海道ソロキャンプのとき、一眼レフカメラを持って回りました。
仕事で使うために買った、キャノン80D。
今そのとき撮った写真を見返すと、なんだかいいんですよねぇ。
写真にドはまりしたのも、北海道のソロキャンプがきっかけでした。

もともとこのブログも、楽しかったキャンプや撮影の時の感覚を残しておきたい、誰かに伝えたいという気持ちで始めたんです。
楽しいもんね、キャンプとか写真とか。
そういう気持ちを誰かとシェアしたいじゃないですか。

前置きが長ったらしくなりました!
北海道ソロキャンプの話しです!
立ち寄ったところやキャンプ場について、美味しかった食べ物や温泉について書いていきまぁす!

茨城空港から新千歳空港へGO!

茨城空港からスカイマークで新千歳空港へ

今年は長梅雨でうんざり気味ですが、2018年の夏は猛暑でした。
そんな折り、再就職先が決まって安心した僕は最後に一遊びしてやる、これで遊び納めじゃ!とばかりに、勢い任せに北海道行きの航空券をぽちり。
テントも寝袋も持ってないくせに行けばどうにかなるやろとスカイマークのカッコいい飛行機に乗り込みました。

メモ

都心からもアクセス良好な茨城空港。北海道、神戸、福岡、那覇、上海、台北、ソウルへ直行便が出ています。ソウルまで最安3000円!

北海道行きの格安航空券をチェック!スカイマークホームページ

 

飛行機の窓から

こういう写真があると空の旅っぽさが出ます

 

スカイマークの機内ではこんなん頂きました。

スカイマークとネスレのコラボ

スカイマークが発着している都道府県の分、10種類あるそうです。美味しい。

とかなんとか言っているうちにあっという間に新千歳空港に到着。茨城からだと早いですね~。1時間半ほどのフライトでした。

 

レンタカーを借りて北海道ソロキャンプ

s-北海道の道路

今回の移動手段はレンタカーを利用しました。北海道で徒歩キャンプは難易度高そうですが、レンタカーはマジでおすすめです。

  • 安い。4泊5日で15000円くらいだった
  • 新千歳空港まで送迎あり。便利
  • やはり北海道は車移動が楽しい

そうなんですよねー、僕も検索して値段見てびっくりした覚えがあります。
安いんですよ、レンタカー。一日3000円以下だったと思います。
しかも新千歳空港までの無料送迎ありですから、重たいキャンプ道具を抱えていてもOKです。

なにより北海道の広々とした道路を走る気持ちよさ!
たまらなかったですねー。
信号不要の渋滞知らず!は言い過ぎですが、本当に信号少なくてびっくりしました。

沖縄・北海道など全国のレンタカー30社比較・予約!1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー

こちらの記事では新千歳空港付近の格安レンタカーの利用についてもう少し詳しく書いています。他の移動手段についても書いています。

北海道でソロキャンプするなら格安レンタカーがおすすめ

北海道でソロキャンプするなら格安レンタカーがおすすめ

北海道でソロキャンプをしながら自由気ままに旅をしてみたい!でも、移動手段はどうすればいいんだろう? ...

続きを見る

 

北海道ソロキャンプで使用した道具たち

北海道ソロキャンプに向かうにあたり、テント、寝袋のキャンプ用品をあらかじめ買っておかなかったため現地調達の必要があります。
ということでアウトドアショップを探してみると、新千歳空港の近くにアルペンがありました。
こちらで購入したのはテントと寝袋、折り畳みのイス。これで道具が大体揃いました。
今回僕が持参・調達した道具は次のとおりです。

  • テント
  • 寝袋
  • 折り畳みイス
  • 折り畳みミニテーブル
  • 焚き火台
  • ダッチオーブン
  • ダッチオーブン用スタンド
  • フライパン
  • カトラリーセット(皿、コップ、箸)
  • 調理器具セット

レンタカーで移動すると決めていたのでそんなにコンパクトにまとめる必要はなかったのですが、ダッチオーブン関連は必要なかったなー。
重いしかさばるし、毎日持ち運ぶものじゃなかった。
それよりもシングルガスバーナーやコッヘル持って行った方が全然良かったと思いました。

車を使ったオートキャンプと言えど荷物は軽い・小さい方が良いです

 

北海道で食べたかったスープカレー

まずはご飯食べたいぞということで、スープカレー屋さんを探します。スープカレー食べたかったんですよね。当時住んでいた地元の茨城にはないんじゃないかなー、スープカレー屋さん。

北海道スープカレー_奥芝商店白石オッケー丸

グーグルさんのお導きに従い辿り着いたのは奥芝商店白石オッケー丸というなんとも陽気な名前のお店。
空港から40分くらい。外観がしゃれおつやん。一枚板の看板も存在感あるな~。

奥芝商店スープカレー

確か地元のお野菜を沢山入れました~的な一品。海老だし。いい香りや~。
そしてライスにはレモンがオン。マジか。普通なの?と思いつつ、ご飯に絞ってカレーと一緒に食べると爽やかな香りが。
海老の旨みとレモンのさっぱりが合いますね~、納得。
野菜もひとつひとつにちゃんと心が配られている感じがしてグッド!満足しました。

 

いざ富良野へ!ラベンダー畑にうっとり

腹ごしらえも済んだところで最初の目的地、富良野のラベンダー畑に向かいます。

北海道ってどこ行けばいいんだろう?
と考えた時に真っ先に思い浮かんだのが視界一面のラベンダー畑。
どんな感じなんだろうなー。

砂川サービスエリア

サービスエリアの建物にも可愛らしい星があしらわれています。壁も地面も素敵やん。

高速を走ること1時間半ほど。富良野のラベンダー園、ファーム富田に到着!

北海道_富田ファーム

いいですねぇ~イメージ通りのラベンダー畑です!いい意味で!

ファーム富田のラベンダー畑

遠くに山が見えます。多分十勝岳。

田んぼの中をラベンダーカラーをあしらった電車が走っています。

ラベンダーも元気そうです。

ファーム富田写真館

園内で撮影された写真が展示されている写真館の様子。いつかこんな素敵な写真が撮れるようになりたいものです。

ファーム富田ではラベンダーオイルやラベンダーソフトクリームの販売があります。一度見てみたいと思っていた富良野のラベンダー見ることが出来て大満足です!

ファーム富田

〒071-0704
北海道空知郡中富良野町基線北15号
TEL 0167 39 3939
FAX 0167 39 3111
HP ファーム富田

 

北海道ソロキャンプ一夜目|富良野山部自然公園

富良野山部自然公園画像引用元:富良野山部自然公園

北海道ソロキャンプ、初日の夜は富良野にある山部自然公園太陽の里でのキャンプとなりました!なんか全然写真撮っていなかったのでホームページのスクショ貼っておきます。

ここに決めた理由ですか?それはもちろん

無料だから

でございます。素晴らしい!トイレ、炊事場、ゴミ捨て場があって無料とはありがたいですねぇ。

清潔具合でいうと、まぁ普通、僕は全然許容範囲内でした。

ただ熊が出るそうなので茂みにはあまり近づかない方がいいという看板には、北海道初心者としてはかなりビビりました。

このキャンプ場、キャンプセットの貸し出しや食材付きのプランもあるそうです。
便利ですね。大きな道路からも離れているので静かな夜を過ごすことが出来ます。

場内には川が流れていますが、幅は狭く深さもないため川遊びには不向きかな。
水浴び程度です。川に近すぎると川の流れる音がちょっと気になるかも。

キャンプが出来るスペースはかなり広いので、のびのびテントを張ることが出来ます。先着順です。

 

ダッチオーブンでポトフ

とにかく食材を切ってぶち込み煮込み食べるスタイル

実はこのとき学生時代の友人も北海道を自転車ツーリングキャンプの真っ最中でして富良野山部自然公園で合流していました。

近くのスーパーで食材と富良野ワインを買い込み、ダッチオーブンへ全て投入。
北海道マジックなのかいつもの3倍美味しかった。

疲れた体にポトフの塩気が染みるぜ。夜中まで焚き火を眺めてこの日は終了。
北海道ソロキャンプ、いいスタートでした。明日は室蘭方面に行きます。

富良野山部自然公園

〒079-1571
北海道富良野市山部32
ふれあいの家・キャンプ場
TEL:0167-42-3445
ホームページ 富良野山部自然公園
グーグルマップで開く
アクセス JR富良野駅から車で20分/JR山部駅より車で5分

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ソロキャンプ日記, 北海道
-,

Copyright© カメラとキャンプ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.