キャンプギア シュラフ

イスカのシュラフ、「エア」は何が違う?

更新日:

画像引用元:イスカ 製品情報

こんにちは!アウトドアショップ開業に向けて勉強中、ソロキャンパーの洋平です。

イスカのシュラフ、エアは他のシュラフと何が違うの?

この記事ではそんな疑問をお持ちの方に向けて、イスカのシュラフはナンガやファイントラックといった他のブランドと何が異なるのかリサーチした結果をお伝えしています。

最後まで読んでいただければイスカのシュラフについて理解が深まり、自分に合った一枚を選ぶことが出来るようになるでしょう。

キャンプにおいてシュラフ選びはかなり重要です。気候や体型、移動手段に合ったシュラフを選ばないといけません。

寝るときや運ぶ時に辛い思いをすると、せっかくのキャンプが台無しになってしまいますからね。

 

イスカのシュラフの特長

  1. 保温性を高めるための工夫が沢山
  2. 比較的コスパに優れる
  3. コンパクトで軽量、登山やバックパッキングにも

 

それでは最後までお付き合いください!

こちらもおすすめ

僕が実際に使用しているのは「イスカ アルファライト700X」です!ソロキャンプにおすすめ!

イスカ アルファライト 700xの実践レビュー!温かさ、収納性を徹底解説!

 

イスカのシュラフは何が違う?

画像引用元:イスカ 製品情報

イスカのシュラフは他のブランド、例えばナンガのオーロラライトやファイントラックのポリゴンネストと比べて何が違うのでしょうか。

それは、ディティールにとことんこだわっているところシュラフ専門メーカーとして並々ならぬこだわりを感じます。

「すべての人に快眠をお届けする」、この言葉を使命に、寝袋のプロフェッショナルとして最高品質のものづくりに真摯に向き合います。

これからも「こころあるものづくり」で、寝袋、アウトドアの魅力を伝え続けます。

ISUKA フィロソフィー

 

では具体的にどう製品に反映されているのでしょうか。製品に施された工夫を見てみます。

 

イスカ エア500SL 製品詳細

イスカ_エア 500SL

  • ボックス構造
  • ゴム製ドローコード
  • ドラフトチューブ
  • ショルダーウォーマー
  • ゆったり足元3Dシルエット
  • 耐久性の高いナイロン66
  • YKK製コイルジッパー
  • 2段階構造のシリコン素材の収納袋

イスカ_シュラフ01

イスカのシュラフのどのモデルにも共通で施されている機能です。詳細はイスカのホームページよりご覧ください。

イスカのシュラフ作りは一枚のシュラフに出来る限りの工夫を盛り込んで最大限に保温性や軽さ、コンパクトさを実現しようという意気込みを感じさせます。

反対に、素材に対するこだわりはダウン製品の専門メーカーであるナンガの方が強く感じます。

参考:ナンガのオーロラライト、キャンプに持っていくならどれ?

素材よりも製造上の工夫により能力を高めることに注力しているのがイスカのシュラフと言えそうです。

 

イスカのシュラフ エアシリーズ

イスカのシュラフのラインナップの中から、特にキャンプ用にオススメのシュラフをご紹介します。

訪れる場所の気温や移動手段を考慮して購入するようにしましょう。

イスカ エア500SL

イスカ_エア 500SL

イスカのラインナップの中でも最もオールマイティに使えるシュラフ。高品質な720フィルパワーダウンを500g使用。イスカのテクノロジーがぎっしり詰まった一枚。平地であれば北海道を含めて真冬でも大丈夫。

価格 35,640円(税込)
平均重量 890g
羽毛量 500g(90/10 720フィルパワー)
最大長 78(肩幅)×208(全長)cm
収納サイズ φ16×32cm
対応温度 -10~-5℃

 

イスカ アルファライト500X

イスカ_アルファライト

初夏から初秋までの山岳地域まで対応。夏の北海道にもオススメなのがこちらのアルファライト500X。キャンプ、ツーリング、車中泊と幅広く活躍します。エア500SLに比べ少し重さや収納時サイズが気になるところ。それでも手頃な値段は魅力的。最初の一枚としていかがでしょうか。

 

価格 16,200円(税込)
平均重量 1000g
羽毛量 500g(Micro Lite™)
最大長 81(肩幅)×203(全長)cm
収納サイズ φ18×34cm
対応温度 0~5℃

 

イスカ ダウンプラス タトパニ X

イスカ_タトパニ

こちらも初心者にオススメなダウンプラス タトパニX。エアと違い、シンプルな構造な分、軽く、収納時のサイズも小さめになっています。その分保温力ではやや劣ります。キャンプや車中泊、春秋の山岳まで対応。

 

価格 22,680円(税込)
平均重量 750g
羽毛量 300g(90/10 720フィルパワ-)
最大長 78(肩幅)×208(全長)cm
収納サイズ φ15×30cm
対応温度 0~5℃

 

イスカのシュラフをゲットして快適なキャンプを

繰り返しになりますが、キャンプや登山において正しくシュラフを選ぶことはとても大切です。

そしてそのことを熟知し、快適な眠りを提供するため妥協せずものづくりを行っているのがシュラフ専門メーカーのイスカでした。

イスカのシュラフ作りの特長は、ディティールに徹底的にこだわっているところ。そのため保温性や軽さ、収納性を高めながらも求めやすい価格を実現しています。

これからキャンプや登山を始める方でも、安心して使うことができる。それがイスカのシュラフです。

ネットでは激安シュラフも買うことが出来ます。しかし、安物買いの銭失いはしたくないですよね。海外メーカーのシュラフはいざ買ってみると「匂いがひどい」「最初から破れていた」といったレビューもちらほら。そんな商品にお金を使わないためにも、最初からきちんとした品を使うことをおすすめします。

 

シュラフをお探しのあなたにおすすめの記事

ソロキャンプの必需品、シュラフを正しく選ぶ方法やオススメはこちらから
ソロキャンプ用のシュラフを選ぶ|保温力と軽さに優れたオススメシュラフを紹介

素材にこだわるダウン製品専門メーカー、ナンガのフラッグシップモデルを紹介
ナンガのオーロラライト、キャンプに持っていくならどれ?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-キャンプギア, シュラフ
-,

Copyright© カメラとキャンプ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.