キャンプギア ダッチオーブン ブランド別

スノーピーク 和鉄ダッチオーブン26|特徴や使い方について

更新日:

スノーピーク_和鉄ダッチオーブン26

アイキャッチ画像引用元:スノーピーク

スノーピークの和鉄ダッチオーブンの特徴や使い方、他のダッチオーブンとの違いってなんだろう?

こんな疑問にお答えします。

 

記事に内容

  • 和鉄ダッチオーブンの特長
  • シリコン塗装が剥がれてきたら

 

この記事を書いている僕はキャンプ歴3年~の脱初心者キャンパー。

ダッチオーブン料理が大好きで色々挑戦しています。

ダッチオーブンで丸鶏のローストチキンを作ろう!キャンプ当日までの準備、レシピ、作り方を公開!

コールマンのダッチオーブンで丸鶏のローストを作る
ダッチオーブンで丸鶏のローストチキンを作ろう!キャンプ当日までの準備、レシピ、作り方を公開!

  ダッチオーブンで丸鶏のローストチキンを作りたい! 丸鶏のローストってどうやって作るの? ...

続きを見る

 

高品質かつオシャレなアウトドアグッズを生み出し多くのファンに愛される日本のアウトドアメーカー、スノーピーク。

「アメニティドーム」や「ヘキサイーズ1」、「焚火台」など名作を数多く世に出しています。

スノーピーク ヘキサイーズ1で前室広々、余裕のソロキャンプ!|特長やレビューを紹介!

スノーピーク_ヘキサイーズ1_アイキャッチ
スノーピーク ヘキサイーズ1|特徴やレビューを紹介!

アイキャッチ画像引用元:スノーピーク この記事ではそんな方に向けて、スノーピークの一人用テント「ヘキ ...

続きを見る

 

そんなスノーピークから販売されている「和鉄ダッチオーブン」は、こだわりと工夫が沢山詰まったまさに名品。ダッチオーブンの最高峰と言えるでしょう。

この記事では、そんなスノーピーク和鉄ダッチオーブン26の3つの特徴について詳しく解説しています。最後まで読んでいただければ和鉄ダッチオーブンについて理解が深まり、ダッチオーブン選びの助けになるでしょう。

和鉄ダッチオーブン 3つの特徴

  • 4通りの使い方が出来る
  • 家庭用IHにも対応
  • 温度変化、衝撃に強い

 

和鉄ダッチオーブンの最大の魅力は使い方にバリエーションがあって、沢山の種類の料理を作ることが出来るということ。普通のダッチオーブンでも焼く、煮る、蒸すなど色々な調理方法に対応しますが、和鉄ダッチオーブンはその対応力が凄い。一台で4役、5役をこなすことが出来る優れものなんです。

それ以外にも温度変化や衝撃に強いため取り扱いが簡単なことも嬉しい。忙しいキャンプの最中に気を使わなくて済みますよ。

それでは、スノーピークの和鉄ダッチオーブンについて詳しく解説していきます。

和鉄ダッチオーブンの使い方は4通りある

スノーピークの和鉄ダッチオーブンの最大の魅力は使い方に豊富なバリエーションがあること。これが他のダッチオーブンとの最大の違いでもあります。

和鉄ダッチオーブンはリッド、スキレット、ポットの三つのパーツで構成されています。普通はリッドとポット、つまり蓋と本体だけですよね。

スノーピーク_和鉄ダッチオーブン26_01

スノーピーク和鉄ダッチオーブンの断面。中にスキレットが配置されているのが分かります。

画像引用元:スノーピーク 和鉄ダッチオーブン

断面図を見ると、ポットの内部にもう一枚、層があるのがわかります。この部分がスキレット。スキレットというと鉄の小型フライパンを思い浮かべると思いますが、この「スキレット」もいわゆるスキレットと同じように、フライパンとして使うことが出来ます。

 

ダッチオーブン全般に言えることですが、蓋も蓄熱性が高いため、蓋の上に炭を置いて蓋からも熱するというのが基本的な調理スタイルになります。

ダッチオーブンでピザ作り29

上からも熱します。

これにより料理の上部にも焼き目をつけることが出来るというわけですね。

コールマンのダッチオーブンで丸鶏のローストを作る

上火がなければこのように焼くことは出来ません。

 

ただ、普通のダッチオーブンって深いんですよね。例えば、浅いダッチオーブンでピザを焼こうと思うと底上げしなくてはいけません。でないと上の熱源からピザまでが遠いためいつまで経っても焼き上げることが出来ません。

ダッチオーブンでピザ作り21

ピザを焼くために底上げしています。

もちろん浅いものもありますが、浅いダッチオーブンは丸鶏のローストのような大きいものは調理できなくなります。これって、結構不便ですよね。作りたい料理があっても、一台のダッチオーブンでは対応しきれず、違うサイズを買い足さなくてはいけない。でも一台あるし・・・と思って諦めてしまう方もいるでしょう。

 

そんな悩みを解決してくれるのがスノーピークの和鉄ダッチオーブン26なんです!!

 

こちらの画像はスノーピーク公式ホームページの和鉄ダッチオーブンの説明部分です。

スノーピーク_和鉄ダッチオーブン26_02

画像引用元:スノーピーク 和鉄ダッチオーブン

リッドとスキレットとポットの組み合わせを変更することで4通りの使い方が出来る・・・

これってめちゃめちゃ凄いですよ!

特別思い入れが強かったりしない限り、ダッチオーブンなんて一家に一台あれば十分だと思います。だから、出来ない料理は諦めるか、別売りのパーツを買ってみたり僕みたいに無理やりなんとかしてみたりするわけですよね。でも和鉄ダッチオーブンがあれば色々な料理に挑戦することが出来る・・・!

いく度に違う料理を披露すれば仲間から「すごいね!」「そんなのも作れるんだ!」などと称賛の声があがります!ファミリーキャンプならいく度にすごい料理を作り出す無敵のパパママになれるでしょう・・・!

ダッチオーブン料理を何度か繰り返していくと、絶対に「パン焼きたい・・・」「ピザも出来る・・・!」みたいな気持ちになると思うんですよ。間違いなく。そんなときに工夫してどうにかするのもいいんですけど、やっぱりちょっと難しいんですよね。

ダッチオーブンでピザ作り28

コールマンのダッチオーブンで作ったピザ。上火が弱くこんがり感が足りない。

 

このスノーピークの和鉄ダッチオーブン26なら、いずれ来るステップアップの瞬間にも大活躍間違いなしと言えるでしょう。むしろ和鉄ダッチオーブンが使い手のレベルを高めてくれるのではとさえ思います。

メモ

和鉄ダッチオーブンは丸鶏、ピザ、パン、パエリアと色々な料理を作ることが出来る!

シリコン塗装が剥がれてきたら

和鉄ダッチオーブンの使用後のレビューで気になるものがありました。

 

ポッド、リッド、スキレットのデザインと使い勝手の良さに魅かれて購入しましたが
1回目使用後に耐熱シリコンが浮きだして、3回目には料理の中に剥がれたシリコンがキザミ海苔のように無数に張り付いてきました

参考:Amazon

 

和鉄ダッチオーブンの表面には耐熱シリコン塗装が施してあります。

ところがこのシリコン塗装、使っているうちに剥がれてしまうんです。上記のレビューを書いた人は一回目の使用後すぐ剥がれたとありました。ただもともとシリコン塗装は製造から購入者の手元に届くまでの間に錆が発生しないようにするためのもの。使用後は剥がれていくことが前提になっています。もし食べてしまったとしても身体への影響はありません。

シリコン塗装が剥がれた後は、通常のダッチオーブンと同じように油を塗ってシーズニングを施してください。

 

スノーピーク 和鉄ダッチオーブンは唯一無二の存在

sotoステンレスダッチオーブン

ダッチオーブンと一口に言ってもメーカーによって違いがあるもの。スノーピークの和鉄ダッチオーブンの最大の魅力は多様な使い方が出来るということでした。

その他にも見た目の美しさや軽さに魅力を感じて購入される方もいるようです。

ダッチオーブンの違いを理解して、自分のスタイルに合った一台をゲットしてください。

 

一台で何通りにも使えるのは本当に便利!

 

コールマンのダッチオーブンについてはこちら
コールマンのダッチオーブンの魅力とは?

ユニフレームのダッチオーブンについてはこちら
ユニフレームのダッチオーブン|特徴や他ブランドとの違いを解説

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-キャンプギア, ダッチオーブン, ブランド別
-,

Copyright© カメラとキャンプ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.