間近に海を感じるキャンプ場。大洗サンビーチキャンプ場に行ってきました

更新日:

大洗サンビーチキャンプ場

茨城県の大洗町にある大洗サンビーチキャンプ場。

ここの特徴はなんといっても目の前が海だということではないでしょうか。

夕暮れ時の雰囲気はとくに素晴らしかったですし、泊りで行けばキレイな日の出も見ることが出来ると思います。

キャンプ場には電源付きサイトやフリーサイトの他、グランピングが出来る施設もありました。

ファミリーやソロ、ツーリングキャンプなど色んな楽しみ方が出来るキャンプ場です。

今回はそんな大洗サンビーチキャンプ場についてご紹介したいと思います。

足りないキャンプ道具はレンタル

何度使うか分からないキャンプ道具をいきなり買うのって、ちょっとためらってしまいますよね。
買ったのにあまり使わなかったら嫌だし、保管場所にも困るし・・・

そんな方はレンタルしてみてはいかがでしょうか?

やま道具レンタル屋さんでは、スノーピークやコールマンのテント、タープを1泊からレンタルすることができます。高価なキャンプ道具を購入する前に一度チェックしてみてください!

 

目の前には海!大洗サンビーチキャンプ場

東京から1時間30分ほどの場所にある大洗サンビーチキャンプ場。

こちらのキャンプ場は、その名前からも分かる通り大洗サンビーチ海水浴場のすぐ隣にあります。

キャンプ場の目と鼻の先に海岸があり、とっても眺めがいいんです!

大洗サンビーチキャンプ場

スマートキャンプエリアからの眺め

これはソロキャンプ向けサイト「スマートキャンプエリア」からの眺め。高台にあるため眺めがいいんです。

大洗サンビーチキャンプ場

高台エリア

こちらは「高台エリア」からの眺め。最高です!

眺めは抜群の高台エリアですが、ちょっと気になったが音。というのも、キャンプ場のすぐ後ろを国道が通っているため、車の走行音が結構響いているようでした。

静かな環境を楽しみたい方には、高台エリアはちょっとうるさく感じてしまうかもしれません。

そんな方は、高台エリアの反対側、その名も「しずかであんしんエリア」がおすすめ。道路から大分離れるので車の走行音は全く気になりませんでした。

その分眺めはあまり期待しない方がいいかもしれません。また、しずかであんしんエリアは車の乗り入れが出来ないのでその点も注意が必要です。

大洗サンビーチキャンプ場

しずかであんしんエリア

 

大洗サンビーチキャンプ場

こちらは管理棟。

大洗サンビーチキャンプ場

管理棟では薪や炭、ランタン用のホワイトガソリン、洗剤、ライターなどキャンプに必要な物を購入することが出来ます。

重い薪や炭を現地で購入できるのはありがたいですね。

大洗サンビーチキャンプ場

コールマンの燃料を売っています。これなら暗くなってから燃料切れに気が付いても安心。チャムスのホットサンドクッカーもありますね!

大洗サンビーチキャンプ場

管理棟にはキャンプ場利用者が使用できるコインシャワーや洗濯機もあります。

管理棟の裏手には灰捨て場とゴミ捨て場があります。ルールを守ってキレイに使いましょうね。

大洗サンビーチキャンプ場

きちんと分別して捨てられるようになっています。

大洗サンビーチキャンプ場 サイトの様子

ここからは各サイトの様子をご紹介したいと思います。

大洗サンビーチキャンプ場

高台エリア

こちらは高台エリア。管理棟のすぐ隣にあります。高台の上が区画サイトになっています。眺めはいいんですけど、すぐ後ろが国道なので音がちょっと気になりました。

大洗サンビーチキャンプ場

グランピングサイト

グランピング用のエリアもあります。デッキがあって、そのうえで囲炉裏型のテーブルを囲んで焚き火なんかが出来るわけですね。おしゃれ!

大洗サンビーチキャンプ場

松林エリア

道を進んでいくと、すぐ左側に松林エリアが見えてきます。ここが一番広くてメインのエリアのような感じでした。この松林エリア、奥の方まで進んでいくと眺めがすごくいいんです!

大洗サンビーチキャンプ場

AC電源エリア

松林エリアと隣接しているのがAC電源付きエリア。全11区画で15Aです。

大洗サンビーチキャンプ場

炊事棟

松林エリアの反対側には流し台、洗い場、かまどがあります。屋根付きなので雨の日でも大丈夫。流し台には給湯器もついているので冬でも温か。

大洗サンビーチキャンプ場

バーベキュー

そのさらに隣にはバーベキューする施設がありました。ここでバーベキューしたら楽しそうですね~!BBQの看板が手作りっぽくていい感じです。

大洗サンビーチキャンプ場

スマートキャンプエリア

松林エリアを過ぎると今度はスマートキャンプエリアになります。こちらはソロキャンプにおすすめなんだそう。松が無い分視界がすっきりしています。

大洗サンビーチキャンプ場

しずかであんしんエリア

スマートキャンプエリアを過ぎると下り坂になっています。その先にあるのがしずかであんしんエリア。僕がいった日はここを使用している人は誰もいませんでした。しずかに楽しみたい人はこちらがおすすめ。先ほども書きましたがこちらは眺めはあまり良くないのでその点はご注意を。

大洗サンビーチキャンプ場

フリーエリア

しずかであんしんエリアのすぐ隣がフリーエリア。区画分けがされていないため早い者勝ちで自由に使用することができます。バイクや自転車は駐輪可能。

大洗サンビーチキャンプ場

松林エリアの反対側にトイレがあります。ウォシュレット、温便座つきでした。

 

大洗サンビーチキャンプ場はさすがに管理が行き届いているなという印象でした。当日の利用状況を確認するため電話をしたのですが、そのときもとても丁寧に対応いただけて安心しました。

気になる地面状況も、よく整備されています。どのサイトも平に整地されていますし、小石なども少ないようでした。

管理棟にはコインシャワー、洗濯機もありますし、炊事場には給湯器があります。必要なものは全て揃っているといえます。

 

すぐ近くに潮騒の湯という温泉があります

大洗サンビーチキャンプ場

大洗・日帰り天然温泉  太古の化石海水 HPより引用

キャンプのときは必ず温泉にいく!という人も多いのではないでしょうか。そんな人に嬉しいポイントが、なんと大洗サンビーチキャンプ場のすぐ隣に日帰り温泉がある、というところ。

それがこちらの「潮騒の湯」です。

展望露天風呂、内風呂、サウナ、水風呂があり、日帰りで利用することが出来ます。

キャンプ場から歩いて1分程度と本当にすぐ隣にありますから、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

天然温泉 太古の化石海水 潮騒の湯

お風呂
営業時間 10:00~22:00(入館締切 21:20)
料金
(3才以下無料) 平 日
大人(中学生以上)900円
小人(4才~小学生以下)600円

土日祝、特別営業日(お盆・年始・GW)
大人(中学生以上)1,100円
小人(4才~小学生以下)700円

HPはこちら

 

買い出しに便利なスーパーも近い

セイミヤ大洗店

大洗サンビーチキャンプ場の周辺には、買い出しに便利なスーパーが複数あります。

一番キャンプ場に近いのがセイミヤ大洗店。こちらのスーパーは大洗シーサイドステーションというショッピングモールの中に併設されています。

大洗サンビーチキャンプ場

大洗シーサイドステーションのHPより

ショッピングモールの中と言っても、スーパーは道路から入ってすぐ、駐車場の隣にあるので簡単に出入りすることが出来ます。

お土産屋さんもありますから、行きと帰りに立ち寄って楽しめそうですね。

セイミヤ大洗店

〒311-1305 茨城県東茨城郡大洗町港中央11−3

営業時間:9時00分~21時00分

電話番号:0292-29-1501

グーグルマップはこちら

 

海を感じる大洗サンビーチキャンプ場

大洗サンビーチキャンプ場

海に近いキャンプ場というのはそう珍しいわけではないと思いますが、本当に海のすぐ隣にあるキャンプ場となると、珍しいと思います。

今回紹介した大洗サンビーチキャンプ場は本当に海のとなり、海のすぐそばにある珍しいキャンプ場といえるかもしれません。

大きく視界が開ける解放感はとっても気持ちがいいものですよね。そんなとびっきりの解放感を味わいに、大洗サンビーチキャンプ場を訪れてみてはいかがでしょうか。

大洗サンビーチキャンプ場

〒311-1311
茨城県東茨城郡大洗町大貫町1212−57

HP:http://sunbeach-camp.org/

電話番号:029-26-72234

 

足りないキャンプ道具はレンタル

何度使うか分からないキャンプ道具をいきなり買うのって、ちょっとためらってしまいますよね。
買ったのにあまり使わなかったら嫌だし、保管場所にも困るし・・・

そんな方はレンタルしてみてはいかがでしょうか?

やま道具レンタル屋さんでは、スノーピークやコールマンのテント、タープを1泊からレンタルすることができます。高価なキャンプ道具を購入する前に一度チェックしてみてください!

 

大洗サンビーチキャンプ場の周辺にあるキャンプ場

涸沼のキャンプ場まとめ!釣り、予約、料金など気になるポイントをチェック!

涸沼といえばシジミ採りやバス釣り、パターゴルフなどレクリエーションが有名ですが、キャンプ場としても人 ...

続きを見る

-茨城県のキャンプ場
-,

Copyright© カメラとキャンプ。 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.