日本の絶景

茨城県 雨引観音で紫陽花の撮影に行ってきました!

投稿日:

雨引山楽法寺 雨引観音あじさい

いよいよ梅雨入りしましたね。日光を浴びないと体の調子がいまいち上がらない気がします。
梅雨の時期に映える被写体と言えば、紫陽花ですよね。特にお寺に咲く紫陽花は風情があって大人気。

紫陽花がキレイなお寺と言えば有名なのはやはり鎌倉でしょうか。明月院や長谷寺、一度は行ってみたいですね。
以前投稿したこちらの記事では紫陽花が有名な東京都文京区白山神社へ行った時の様子をご紹介しています。

文京区白山神社のあじさいを撮影してきました!

6月に見頃を迎える花と言えば、アジサイですよね。 街中でも神社でもキレイに咲いている姿を楽しむことが ...

続きを見る

今回私が紹介するのは、茨城県にある雨引観音。桜や紫陽花が美しいことで有名な、茨城県桜川市のお寺。
2018年6月に訪れた際の様子をご紹介します。

桜と紫陽花の名所、茨城県桜川市の雨引観音

雨引山楽法寺 雨引観音
雨引観音、雨引山楽法寺は用明天皇2年(587年)に開山されたとても歴史の古いお寺。
中国、梁出身の法輪独守居士(ほうりんどくしゅこじ)という方によって開かれました。
厄除け、延命、安産、子育てのご利益が頂ける、坂東観音霊場第二十四番札所の名刹です。

弘仁12年(821)夏、日本は大干ばつに見舞われました。
当時の天皇であった嵯峨天皇は雨を降らせるため祈祷を捧げ、その甲斐あって国中に恵みの雨をもたらされました。
その後、勅命によりこの山の号を雨引山と改められたそうです。また、その時の御染筆は現存しているそうです。

現在では桜と紫陽花の名所として親しまれ、多くの観光客が情緒豊かなお寺の雰囲気を楽しんでいます。。

雨引観音の紫陽花を撮影

雨引山楽法寺 雨引観音あじさい

赤い楼門と紫陽花がキレイです。

雨引山楽法寺 雨引観音あじさい

雨引山楽法寺 雨引観音あじさい

雨引山楽法寺 雨引観音あじさい

雨引山楽法寺 雨引観音あじさい
お堂とお堂を結ぶ廊下の下に池があります。紫陽花祭りの開催中は池に紫陽花の花が浮かべられます。見た目も涼し気ですね。
この写真を撮った時は、花を入れてからちょっと時間が経ってしまっていましたが、直後に新しい花が入れられていました。新鮮な状態だとものすごくキレイです。

 

雨引観音の紫陽花祭りについて

毎年6月10日から7月20日の期間中、紫陽花祭りが開催されています。10種類3000株が境内を埋め尽くすように咲くさまは圧巻ですよ。

雨引観音の基本情報、アクセス

基本所法

電話:0296-58-5009
ウェブサイト:http://www.amabiki.or.jp/
駐車場:有(大型:10台 普通:500台)
紫陽花祭り開催日時:6月10日~7月20日 8時半~17時

アクセス

【電車で】
JR水戸線岩瀬駅よりタクシー15分(6km)
JR水戸線岩瀬駅より自転車40分・徒歩1時間40分
【車で】
真壁より県道41号で車20分(10km)
桜川筑西ICより国道50号・県道41号経由で15分(7km)
【バスで】
筑波山口バス亭よりタクシー30分(19km)

茨城で紫陽花を撮影するなら雨引観音へ

茨城県には美しい自然が楽しめるスポットが沢山あります。春は桜、初夏は紫陽花の雨引観音、落ち着いた雰囲気と鮮やかな花が楽しめるおすすめスポットです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-日本の絶景
-, , ,

Copyright© カメラとキャンプ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.